アマゾンからの感謝状の中身はコチラ 不用意なアップはなお注意の模様

ありがとうございます!

感謝の言葉に悪い気はしませんが、全く身に覚えのないことだと不安になりますよね。

アマゾンからの感謝状がアマゾンからのものではないことで、話題になっています。

一体誰が何のためにこのようなことを。

まとめてみました。

スポンサーリンク



報道の概要

アマゾンをかたる不審な「感謝状」が送られてきたと注意を呼びかけるツイートが、ネット上で話題を呼んでいる。
あるTwitterユーザーは2月10日、アマゾンのロゴが入った不審な感謝状が届いたため、カスタマーサポートに問い合わせたところ、アマゾンが送ったものではないことがわかったとツイートした。

引用元:ハフポスト日本版

アマゾンからの感謝状。中身が何か気になります。

感謝状の中身

これが公開された中身です。

確かにアマゾンとありますし、ぱっと見はそこまで怪しいとは思えませんが。

この投稿に対して、様々な意見が寄せられています。

意見の多くが怪しいというものです。

スポンサーリンク



本当に怪しい?

怪しさだけがクローズアップされていますが、中にはこのような投稿もあります。

これは台湾や中国からの可能性が高いですよ。 私は台湾人なので、この黄色の封筒はよく使います。そしてあの「説明書」の字体もすごく台湾の形に似合うです。 台湾では外国人への詐欺がよくあります! お気をつけくださいね!

台湾や中国!

日本語の不自然さで言えば、そうかもしれません。

筆者も台湾や中国の人とやり取りをしますが、自国語を翻訳ソフトで日本語に変換したメールだとガタガタな日本語によくなっています。

もちろん本人たちは、悪気はないですよ。

そこからさらに、このような意見も。

中国のお店から購入したことがあるから、送られてきたということですね。

他にも多くの意見があるのですが一つ言えることは、

不用意なアップは注意した方がいい

個人のアカウントが特定されたり、情報がそこから漏れたりするからです。

まとめ

今回のアマゾン感謝状の件についてアマゾンカスタマーサービスは、アマゾンは一切そのようなものは送っていないと述べています。

この感謝状を送られた方が、注意喚起を促すために自分のSNSであげてくださってますが、本来はアマゾンが公にそのアナウンスをすべきだと思います。

よくも悪くも個人が拡散することで、発信源は特定されてしまうわけです。

今回のことで、発信された方が何かしらの被害に遭われないことを願うばかりです。


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク