仙台育英 野球部 飲酒喫煙 メンバーは?不祥事 常連校 窃盗 根性焼き 試合中での蹴り


高校野球の強豪校として知られる仙台育英野球部、その野球部員が今回は飲酒をしていたことが報じられました。

今回は。

そうです、過去にも様々な不祥事を起こしています。

今回の不祥事メンバーは?

過去の不祥事って?

気になることが多い、今回の報道。

1つ1つお送りします。

スポンサーリンク



これが今回の不祥事メンバー!

今回の不祥事メンバーが誰だったのか。

とても気になるところです。

その前に今回の不祥事がどのようなものだったのか確認します。

現役の硬式野球部員らの飲酒、喫煙が明らかになった仙台育英(宮城)の硬式野球部と剣道部が、6日から無期限で活動を休止することが、同校への取材でわかった。

同校などによると、現役硬式野球部員3人と、引退した3年生の計6人が11月27日午後7時ごろから約4時間、剣道部を引退した3年生の2人と共に、仙台市青葉区の飲食店で飲酒、喫煙していた。野球部の6人の中には、今夏の甲子園でベンチ入りした生徒も含まれているという。3年生の1人は、急性アルコール中毒の疑いで救急搬送された。8人全員が事実関係を認めている。

野球部員の一部は寮に住んでいるが、「家族と面談する」と申告し、外出許可を得ていた。同校は既に宮城県高校野球連盟に報告しており、今後、生徒への聞き取りなどを進め、処分を検討する。

同校の真山晴夫副校長は「多くの生徒が頑張っている中、非常に残念だ。生徒の指導と管理を徹底したい」と話した。仙台育英硬式野球部は、夏の甲子園26度、春のセンバツ12度出場の名門。

引用元:Yahoo!ニュース

今回の不祥事、現役の野球部員3人・引退した野球部員6人・引退した剣道部員2人。

この11人がやらかしてしまいました。

仙台市青葉区は、仙台の繁華街です。高校生だから安いチェーン店にでも入ったのでしょうか。

どの店だったのかは報道されていませんが、わかり次第追記します。

飲酒喫煙をしたとされるメンバー、マスコミでは未成年ということで名前を伏せています。

ネット上では様々な情報があふれています。

ほぼほぼ特定されていますが、確証が取れておりません。

今回の不祥事を起こしたメンバーは、そのメンバーに限らず過去にも様々な不祥事を起こしています。

スポンサーリンク



窃盗・根性焼き・試合中での蹴り

窃盗と聞いて、学生だから万引きかと思いました。

しかし、彼らが起こした窃盗は、

仙台育英(宮城)の野球部員7人が、宮城県警塩釜署に建造物侵入の疑いで書類送検されていたことが18日、分かった。

 送検容疑は4月7日午後8時ごろ、東日本大震災で被災した宮城県多賀城市にある無人のリサイクルショップの敷地内に侵入した疑い。同署によると、7人は野球部に所属する2、3年生で警戒中の署員が発見した。

引用元:スポニチ

はい、まさかの火事場泥棒です。

盗みでは退屈を満たせなかったのでしょうか、

仙台市の私立高校2年の男子生徒(16)が、同級生からたばこの火を腕に押し付けられる「根性焼き」などのいじめを受けたと訴えている問題で、高校がいじめと認め、生徒に自主退学を求めた対応を謝罪したことが17日、母親(42)への取材で分かった。

 母親によると、15日に高校の教頭らが生徒の自宅を訪問。教頭らは「やけどの数が尋常ではない。『根性焼き』もいじめと判断した」と説明し、「調査が不十分な段階で退学要求をしたことは学校側として反省すべき点。おわびしたい」と謝罪したという。

 高校は当初、やけどの痕を見せてほかの生徒に動揺を与えたとして、生徒に自主退学を要求した。その後、生徒がいじめを受けたと訴えたため要求を撤回した。

 母親は「学校がいじめを認め、謝罪したことに安心した」と話した。

引用元:日本経済新聞

いじめです。

それも学校が被害者に自主退学をさせたという、学校ぐるみと報道すべきだったのではないでしょうか!

県内に止まる事なく、全国でもやらかします。

そうです!

全国高校野球です。

大阪桐蔭の選手に蹴りを入れるという、高校球児にあるまじき行為をしてしまいます。

スポンサーリンク



その選手が、渡部夏史です

今回の不祥事も彼が絡んでいると言われています。

いかがでしょうか。

これが仙台育英高校です。

ここまで過去にやらかしているのに、今回は活動休止で済んでいます。

野球の強豪校だからでしょうか?

過去にPL学園が廃部となっています。

来年度から入学するすでに推薦で決まっている人は、親御さんは不安でたまらないでしょう。

誰が好き好んで、マッドスクールに自分の愛する子供を送るのでしょうか。

学校側もまだ気づかないでしょう。

生徒が誰も入ってこない。

その時までは。