堀俊夫 アポなし研究が暴走を招く ips細胞研究所に寄付の過去も

現代の闇を象徴する1つの事件が起きました。

「闇サイト」の名前を聞いたことはみなさんありますか?

堀俊夫・八木隼人容疑者は闇サイトで知り合い、住居侵入の疑いで逮捕されました。

気になる動機はアポなし研究を行う必要があったため?

ips細胞研究所に寄付をした過去?

気なることを調べてみました。
スポンサーリンク



事件の概要

経済産業省が所管する研究所の主任研究員が、女性の部屋に忍び込んだ疑いで逮捕された。
逮捕された、産業技術総合研究所 人間情報研究部門の主席研究員・堀 俊夫容疑者(50)と、無職・八木隼人容疑者(36)は、2017年3月、千葉県内の女性のアパートに、無断で侵入した疑いが持たれている。
2人に直接の面識はなく、インターネットの闇サイトで知り合ったという。

引用元:フジテレビ

気になる動機

調べに対し堀容疑者は、

「女性の生活に興味があった」

と供述しています。

男性であれば、女性に興味というか意識があるのは理解できますが、
なぜ生活に興味を持ったのでしょう。

調べてみると、堀容疑者の職業が関与しているかもしれないことがわかりました。

ロボット開発のプロ

堀容疑者は、ロボット工学が専門で開発に携わっていました。

ロボットの起こす行動パターンとして、女性の生活を知る必要が
あったのかもしれません。

そのためにアポなしで調べることが、正確な結果が得られると考えたのでしょうか。

そうだとしたら、かなりブッとんでますよね。

かなりの高学歴の堀容疑者。

バカと天才は紙一重と言いますが、どちらに転んだかは明白ですね。

スポンサーリンク



堀俊夫容疑者の素性


氏名:堀俊夫(ほりとしお)
年齢:50歳
職業:産業技術総合研究所人間情報研究部門デジタルヒューマン研究グループ 主任研究員
早稲田大学 非常勤講師
住所:東京都江戸川区西葛西2

特定されたツイッター

堀容疑者のツイッターが特定できたので、公開します。

一連のツイートをみると、お子さんが2人いるようです。既婚者であることがわかります。

今回の事件で合格していた場合、影響はあるのでしょうか。

もしこれが原因で取り消しにでもなれば、取り返しつかないですよ。

ips細胞研究所との関係

ips細胞研究所といえば、山中教授が有名です。

まさか教授がこの事件に関係している。。。

なんてことはなく、堀容疑者の父親が自分の遺産を寄付するように残していたことが
ツイートされています。

まとめ

今回の事件、部屋に侵入された女性はどのような思いをしたのでしょうか。

自分の知らないところで、自分のことが不特定多数の人に知られる。

しかも望まない形で。

余罪があるということなので、おそらく他にも侵入したのでしょう。

共犯者もいるということなので、それはまた別の記事で。


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク