伊藤貴明 顔画像 逃走中 脱走した施設は館山ダルク? 清原も収容した場所か

伊藤貴明容疑者が施設を脱走したことが話題です。

市役所から防災メールで、地元住民の方々に不要の外出を控えるよう呼びかけています。

スポンサーリンク



事件の概要

25日午前10時45分ごろ、千葉県館山市の民間更生施設で、函館地検の係官が覚せい剤取締法違反の罪に問われ、保釈を取り消された入所者の伊藤貴明被告(40)を収監するため訪れたところ、伊藤被告が同施設から逃走した。千葉県警が行方を追っている。

館山署によると、伊藤被告は地検の係官5人が施設の管理者と話し合っている間、裏口から裸足で逃げたという。所持品などは分かっていない。

引用元:産経新聞

脱走した施設はどこ

施設はNPO法人が運営し、薬物やアルコール依存症などから回復を目指す人を受け入れて共同生活を行っています。
伊藤被告は3人部屋で暮らしていたということです。

千葉県館山市の民間更生施設で検索すると、

館山ダルクが浮上しました。

この施設は、清原和博の受け入れを希望したことでも知られ、過去には田代まさしAsukaを受け入れたと言われています。

脱走から12時間が経過していますが、伊藤被告はどこにいるのでしょうか。近隣の方は不安で仕方がないと思います。

スポンサーリンク



伊藤貴明被告の素性

氏名:伊藤貴明
年齢:41歳

非常事態にありながら、千葉県警は顔画像を公開しません。自分たちの失態を公にしたくないからでしょうか。

知りうる限りの情報ですと、伊藤被告は身長175センチぐらいでがっちりしており、髪形はオールバック。
逃走時は上下とも紺色の作業着のようなものを着ていたそうです。

相手は薬物依存者です。
薬欲しさに何をするかわかりません。

一刻も早い身柄確保をお願いします。

まとめ

身柄を移す途中、一瞬のスキをついた出来事。

伊藤被告は更生する気なんてサラサラなかったのでしょう。

自分から邪の道を進んでどうするのでしょうか。邪の道は邪です。

また今回の不祥事、この騒動で被害者が出ないことを願うばかりです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事:横谷勝己 会社特定 覚せい剤請負人 アロマが劇薬に変わる時

スポンサーリンク