小西竜真 顔画像 Facebook 児童相談所にも報告していた 幼子は泣くことで全ての感情表現をすることに気づいて

1人の幼い女の子が命を落とす痛ましい事件が起きました。

犯人は父親である、小西竜真容疑者です。小西容疑者は自分がしたことを否定しているようですが、一体何があったのでしょうか。

顔画像も特定できた物を公開します。

またこのような事件が、なぜなくならないのか。

調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク



事件の概要

事件は小西容疑者の自宅で起きました。

報道によると、

小西容疑者は今月9日夜~10日未明、自宅でクローゼットに次女を閉じ込め放置した疑い。「泣きやまないので毛布にくるんでクローゼットに入れた」と供述しているという。

小西容疑者が10日午前3時半頃、次女が息をしていないのに気づき、119番した。

引用元:読売新聞

1歳の女の子。泣くことで自分を表現することを小西容疑者はわからなかったのでしょうか。
2歳の長女がいることが報道されています。これが初めての子育てではなかったはずなのに。なぜ。

気になる小西容疑者の素性が次です。

スポンサーリンク



小西竜真容疑者の素性

氏名:小西竜真(こにし・りょうま)
年齢:24歳
住所:大阪府大阪市北区大淀中
職業:タクシー運転手

小西容疑者の顔画像


顔画像は御多分に洩れず写真加工されているので、実物はもっと違うはずです。

普通自動車免許を取得して3年間が経過していれば、タクシー運転手になる条件は満たしています。

18歳で免許を取得したとしたら、21歳で運転手になったのでしょうか。

詳細はわかりませんが、悪行とは関係ないですよね。

事件現場の写真

これが事件の起きた場所です。

見た感じ普通のアパートですが、その中でまさか今回のような事件が起きていたなんて、同じアパートの人は思わなかったでしょうね。

母親は仕事で外出

事件があったのが午後11時半から10日午前3時半です。小西容疑者の妻は仕事で不在でした。この時間帯の仕事といえば、お風でしょうか?
1歳と2歳の女の子がいる環境で、母親が不在になるのは正直どうかと思いますが、小西容疑者の妻は、おととし12月、子どもたちの前で暴力を振るわれたとして警察に相談を寄せていて、その後、警察が児童相談所にも報告したということです。

まとめ

今回の事件は、小西容疑者の保護責任者遺棄の疑いが持たれています。小西容疑者は遺棄するつもりはなかったと供述していますが、つもりはなくともやってしまったことに変わりありません。

過去警察に相談があったくらいです。自分の思い通りにならないと手をあげる。除外しようとする。父親のすることではないですよね。

1歳の子供は、まだ自分で自分の意思を、泣くことでしか表現できません。「お腹が空いた」「トイレに行きたい」「眠たい」これら全てを泣くことで表現します。
何もしないで子供は大きくなりません。しっかりとした大人の子育てがあって、初めて成り立つことが多くあります。
対岸の火事と思わず、社会全体として重く受け止めなければなりませんね。


小西真愛ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク