小沢広行 逮捕 顔画像は 財布を盗むために衣服を破る2日に1回の所業

衣服に穴があく。服が破ける。そのような経験は誰しもあるかと思います。

今回は財布を盗むために衣服を破く、恐ろしい事件が起きたのでまとめてみました。

スポンサーリンク



事件の概要

電車の座席で寝ていた男性から財布を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗容疑の現行犯で、住居・職業不詳の小沢広行容疑者(41)を逮捕した。調べに対し、「弁護士が来てから話す」などと黙秘している。

 逮捕容疑は14日午前7時15分ごろ、JR山手線の代々木-新宿駅間を走行中の車内で、座席で眠っていた男性会社員(25)のコートのポケットの内側をはさみで切り裂き、現金約4000円やキャッシュカードなどの入った財布を盗んだとしている。小沢容疑者は男性の隣の座席に腰掛け、持っていたトートバッグで手元を隠すようにして犯行に及んでいた。

 電車から降りて逃走しようとした小沢容疑者を、警戒中の捜査員が追跡して取り押さえた。山手線では昨年9月以降、同様のすり被害が50件以上発生しており、捜査3課が関連を調べている。

引用元:産経新聞

日曜日だったので普段の時間帯と違い、乗車している人もまばらだったと予想されます。

ここまで大胆に切り裂くなんて、普通は想像しません。

だからこそのこの犯行なのでしょうか。

スポンサーリンク



小沢広行容疑者の素性

氏名:小沢広行
年齢:41歳
職業:不詳
住所:不定

何もわかりません。

昨年から起きているすり被害が同様の手口ということで、これらの事件の詳細が明らかになるとまた情報が出てくるかもしれません。

少なくともその事件以前は、職業に就いていたかもしれません。

いずれにしても金銭に困っての犯行だと思われます。

今回の事件のまとめ

いかがでしたでしょうか。

すり被害の多発で、警察も警戒していたことから逮捕へと繋がったわけですが、それにしても50件以上とは。

約4ヶ月の間ですから、月あたり12、3件。週に3件。2日に1回は犯行に及んでいた計算です。

女性がバッグに財布を入れているから、ひったくりにあうのは耳にしますが、男性の場合このような手口でくることに驚きを隠せません。

小沢容疑者は、弁護士がきてから話すと言っていますが、そもそもすりをする人に弁護士を雇うだけのお金があるのでしょうか。

切り裂いたコート代の弁償もあります。自分を弁済してもらう前にやるべきことはたくさんあります。

もし小沢容疑者が黙秘を貫いたとしても、使ったハサミを調べれば、付着したコートの繊維などで確証が取れます。

それでも弁護士が来てから話すつもりなのでしょうか。

被害に遭われたかたも気の毒としか言いようがありませんが、すりのターゲットにされるということは、何かしらのものがあったのでしょう。

自分の身を自分で守るのは言葉でいうよりも難しいですが、意識を持つだけでも変わってくると筆者も言い聞かせたいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク