酒井響希くんが24時間テレビでYOSHIKIとドラム披露 終わらない雨の後にかかるのは希望の虹

「24時間テレビ41〜人生を変えてくれた人〜」が、
【放送日程】8月25日(土)・26日(日)に放送されますね。

タイムテーブル26日18:50頃から、
酒井響希(さかいひびき・11歳)くん が出演します。
響希くんは全盲ですが、世界で活躍するドラマーになる夢を持っています。
その夢を叶える為に、YOSHIKIと一夜限りのコラボ演奏です。

こちらでは酒井響希くんについて紹介します。

スポンサーリンク



酒井響希くんについて

母の康子さん(40)が、酒井響希くんの眼球に異変を感じ検査をしたところ、
両眼性網膜芽細胞腫 という小児がんが発覚します。

酒井響希くんが、1歳半のときです。

父のけんたろーさんが、当時の状況を思い起こしSNSに投稿しています。

化学療法やセカンドオピニオンなど、できることは尽くしましたが、
がんが両眼から転移している可能性があることがわかります。
主治医からは、両目をとるか命をとるかという選択を迫られました。

家族で話し合い、命を最優先して両眼の摘出手術を受け、
2歳になってすぐに全盲になりました。
なぜ響希くんがこんなことにならなければいけないのか。
ご両親にとっては我が身を削られるより辛い決断だったと思います。

全盲となった酒井響希くん。
おもちゃで遊ぶことすらできず、自宅の壁や床などを叩いて音を楽しむしかなかった
響希くんを見て、けんたろーさんはある事を思い出します。

スポンサーリンク



酒井響希くんとドラムの出会い

友人宅にドラムがあることを思い出し、3歳のときに試しに叩かせてもらったところ、
響希くんが迫力のある音に凄く感激し、ドラムを叩きたいと訴えてくるようになります。

ドラマー 酒井響希くんの誕生です。

響希君は、ドラムのレッスンを4歳から始めます。

「音」で遊べるゲーム、任天堂の「リズム天国」にも熱中した響希くん。
任天堂に「リズム天国」について手紙を送っています。

酒井響希くんが任天堂に送った感動の手紙

受け取った任天堂からもすぐさま返事の手紙がきます。

こんな素敵な手紙をいただけると、任天堂も開発者冥利に尽きますよね。

そのまっすぐで純真な心を育み続けてきた響希くん。

そんな響希くんのインタビューと演奏がこちらです。

酒井響希くんのインタビューと演奏動画

そして今回、24時間テレビでYOSHIKIさんと共演することで話題になっています。

酒井響希くんがYOSHIKIと武道館で共演


響希くんと共演することになったYOSHIKIさん。
この共演にはどんな背景があったのでしょうか。

酒井響希くんが動かした心

YOSHIKIさん自身、米国非営利公益法人「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を
立ち上げ、チャリティー活動をライフワークにしています。

今回の24時間テレビの企画に賛同しての実現ですが、何よりも響希くんの
まっすぐで純真な心がYOSHIKIさんを動かしたのは間違いありません。

酒井響希くんとのコラボ曲

YOSHIKIさんが響希くんとコラボする曲は、「エンドレスレイン」で予定されています。
YOSHIKIさんのピアノに響希くんのドラム。想像するだけで身震いしますね。

酒井響希くんとYOSHIKIさんの動画配信

タイムテーブルでは、26日18:50頃からとなっています。
見逃したり録画し忘れた人もでるかと思います。

今回、24時間テレビの見逃し動画が配信予定なので、され次第リンクを貼ります。

動画:24時間テレビ見逃し

他にも今回は、漫画家石ノ森章太郎さんの物語がドラマになりました。

関連動画:石ノ森章太郎の息子は俳優の小野寺丈 嫁は国民的アイドルグループのあの人にソックリ

関連動画:石ノ森章太郎の姉の死因が気になる 描き続けた作品群は心の空白を埋めるため

スポンサーリンク