高橋絵梨花 顔画像 介護士のやらかしは 檻の中で要カイゴ

ひき逃げ事件。

これを聞くと、あーまたかと思うのは私でけではないはず。

その、あーまたかと思う事件が岩手県で起きました。

今回の事件、なぜ起きてしまったのか。

まとめてみました。

スポンサーリンク



事件の概要

4日午前0時過ぎ、北上市鍛冶町の路上で、「男性が血を流して倒れている」と通りかかった女性から警察に通報がありました。
倒れていたのは、花巻市桜台の会社員小舘祥太さん(30)で、病院で手当てを受けていますが、頭や足の骨を折る大けがだということです。
警察によりますと、小舘さんは近くの飲食店から歩いて帰宅する途中とみられ、現場からは車の破片が見つかったということです。
このため警察では、小舘さんは車にはねられ、その車は現場からそのまま走り去ったとみて、ひき逃げ事件の疑いで調べています。
現場は、北上市中心部の住宅街で、近くに飲食店などがありますが、夜は人通りが少ないということです。

その4日後高橋容疑者が逮捕されます。

高橋容疑者逮捕の決め手

過失運転致傷とひき逃げの疑いで逮捕されたのは、北上市新穀町の介護福祉士 高橋絵梨花容疑者29歳です。防犯カメラの映像や車両の状況から高橋容疑者を特定し、8日未明に逮捕しました。高橋容疑者は容疑を否認しています。

逮捕の決め手となったのは、防犯カメラと車両の状況ということですが、本人は全く否定しているそうです。

否定、イコール私ではありません。ということですが、カメラにも写っていて車の破片も高橋容疑者のものだったから捕まったわけです。

なかなかの図太さですね。

どのような人物なのでしょうか。

スポンサーリンク



高橋絵梨花容疑者の素性

氏名:高橋絵梨花(たかはし・えりか)
年齢:29歳
住所:岩手県北上市新穀町
職業:介護士

高橋絵梨花容疑者のSNS

高橋容疑者のSNSがないか調べてみました。
おそらく本人であろうフェイスブックがあるのですが、本人であるという確証がありません。
憶測で誘導させるわけにはいかないので、現時点では公開を控えます。

まとめ

それにしても介護士と言えば、高齢の方やお身体の不自由な方をサポートする、本当に尊いお仕事です。
そのような士業に就いている人がなぜひき逃げをしてしまったのでしょうか。

事件当時、高橋容疑者がどのような状態にあったかはわかりませんが、飲酒・スマホが予想されます。
ともあれ、本人の不注意であることに変わりはなさそうです。

よくひき逃げの言い訳であるのが、「何かにぶつかったのはわかったが、人とは思わなかった」とか、「怖くなって逃げてしまった」が挙げられます。
何かにぶつかったのであれば確認することぐらいできるでしょうし、逃げたところで証拠は残るので必ず捕まってしまいます。

本当は人的障害が起きないのがいいのですが、人を引いてしまった場合は、

その時点で警察に連絡するしかないです。

間違っても知人に連絡してことなきを得ようなんて考えてはいけません。

実際にこのような輩がいたのですから。

刑を軽くするためにそうした方がいいと言っているわけではなく、人として当たり前のことをやろうというだけです。

あ、その当たり前のことができないから事件になるんですよね。

介護士が檻の中で介護される。そんなくだらないことは言いませんが、悔いを悟る意味で「悔悟」していただきたいです。

スポンサーリンク