武井北斗 金丸拓人 顔画像ガチ 出所しても待っているのが邪の道のワケ

1年半前に起きた事件が警察の執念で結実されました。

山梨県で起きた強盗事件で、武井北斗容疑者と金丸拓人容疑者が強盗致死の容疑で逮捕。

拘置所から出所しても、間違いなく危険が待っているワケとは?

まとめてみました。

スポンサーリンク



事件の概要

2016年8月17日夜、金品を奪うために若宮さん宅に侵入して若宮さんに暴行を加え、腹部の出血性ショックで死亡させた疑い。また、警報装置の作動で駆け付けた警備員の男性にも暴行を加え、顔などに軽傷を負わせた疑い。

引用元:読売新聞

現場に残っていた遺留品が逮捕の決め手となる

捜査本部を設置して行方を追っていたところ、現場に残された遺留物から検出されたDNA型が一致したことなどから、
強盗致死の疑いで逮捕する方針を固めたということです。

スポンサーリンク



加害者2人の素性

2人の素性についても調べてみました。

武井北斗

氏名:武井北斗(たけいほくと)
年齢:24歳
職業:無職
住所:神奈川県厚木市緑ケ丘

金丸拓斗

氏名:金丸拓斗
年齢:24歳
職業:アルバイト
住所:山梨県甲斐市富竹新田

2人の顔画像

武井容疑者のフェイスブックが複数確認あり、おそらくどれも同じと思われるのですが、確証が取れないのでここでは公開を控えます。

金丸容疑者のフェイスブックはこちら

2人の犯行動機ですが、まだ捕まったばかりで明らかにはなっていません。

金銭目的であったのは間違いないです。

この2人は、この事件の3ヶ月後に同様の事件を起こしています。

山梨の窃盗未遂事件

長野県南牧村野辺山の畑で2016年11月27日、山梨県甲州市の会社員、斉藤弥生さん=当時(36)=が遺体で発見された死体遺棄事件で、県警は16日、司法解剖などの結果、死因を外傷性ショックと特定したと発表。

同県警によると、外傷はほぼ全身に認められたという。このため、何者かが暴行して殺害したと断定し、殺人・死体遺棄事件として捜査にあたる。

この事件では、斉藤さんが勤務していた山梨県昭和町の貴金属買い取り店で11月27日未明、防犯システムが解除され、2人組が忍び込む窃盗未遂事件も起きています。

長野の事件で見つかった足跡が、山梨のものと一致しています。

合わせてこの事件でも逮捕されるでしょう。

人の人生を終わらせて、また今度は他の人の人生を終わらせる。

人に命をなんだと思っているのでしょうか。

徹底して調査して、然るべき罰を受けるべきです。

まとめ

冒頭で2人がし出所しても危険が待っていると述べました。

実は被害者の若宮利雄さんは、10年前に覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されています。

若宮容疑者は暴力団の事務所移転先とされる同市国母のビルの実質的なオーナーとみられており、そのスジと関係があります。

そのスジの方々と、関係のあった若宮さんの人生を終わらせたとなると。。。

何が待っているのでしょうか。

因果応報とはよく言ったモノです。


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追記2018年2月11日

武井容疑者のフェイスブックが確定しました。
武井北斗容疑者のフェイスブック

2人は小学校の同級生であることもわかりました。

追記2018年2月12日

武井容疑者が金丸容疑者に犯行を持ち掛けた可能性。
武井容疑者

金丸容疑者

事件当時に武井容疑者が、若宮さんが所有する甲府市内のアパートに住んでいて、2人には面識があった可能性があることが分かりました。

追記2018年2月13日

逮捕された武井容疑者・金丸容疑者の2人が、事件後に再び現場の住宅に侵入した疑いがあることが分かりました。

事件の約3カ月後に若宮さんの自宅に何者かが侵入していて、その際に採取された足跡が若宮さんが襲われた時に現場にあったものとほぼ同じサイズだったことが分かりました。
警察は武井容疑者らが若宮さんに暴行を加えて死亡させた事件の後、再び若宮さんの自宅に侵入した疑いがあるとみて詳しく調べています。

約3ヶ月後、これは長野の事件と時期が重なります。
しかし、警備員は何をしているのでしょうか。

泥棒に入られるわ、警備員は給料泥棒やらでシャレになりませんね。

スポンサーリンク