横谷勝己 会社特定 覚せい剤請負人 アロマが劇薬に変わる時

覚せい剤の売人・所持。

それらで逮捕されることはよく報道されます。

横谷勝己は、なんと覚せい剤をを作ろうとして逮捕されました。

気になる動機。

他にも気になることをまとめてみました。

スポンサーリンク



事件の概要

化学処理を施せば覚せい剤になる「t―BOCメタンフェタミン」という薬物を違法に所持したとして、近畿厚生局麻薬取締部は21日までに、覚せい剤取締法違反(製造予備)容疑で大阪市鶴見区鶴見、自営業横谷勝己容疑者(59)を逮捕した。

同薬は昨年12月に指定薬物にされたばかりで、摘発は全国初という。同部は覚せい剤の原料として広まっているとみて警戒している。

逮捕容疑は昨年12月、覚せい剤を製造する目的で、仕事用の車内にt―BOCメタンフェタミン約14.5キロを所持した疑い。同部は認否を明らかにしていない。

引用元:時事通信

押収された薬物

この薬物から、およそ8kgの覚せい剤が製造でき、末端価格は5億円にのぼるということです。

覚せい剤の原料 メタンフェタミン

メタンフェタミンは、合成された「人工」の化学物質。
メタンフェタミンの「料理人(製造者)」は、その種の錠剤から活性成分を抽出し、さらに薬物の強度を高めるためにバッテリー液、浄水管の洗浄剤、ランタンの燃料や不凍剤といった成分を混ぜ合わせる。

引用元:薬物のない世界のための財団

こういった化学物質には、爆発を起こす危険性があるということです。

また製造者自身が薬物の常用者であり、周囲の状況に不注意であることから、
原材料を調合する際にしばしば爆発を起こし、ひどい火傷を負ったり、死亡したりすることもあります。

こういった事故は近隣の人たちにとっても非常に危険です。

密造所からは有害な廃棄物が大量に発生します。

メタンフェタミン1kgを製造すると5kgの廃棄物が出ます。

今回14.5kgが押収されたので、約72.5kgの廃棄物

横谷容疑者が過去に作っているとしたら、廃棄物はどこにあるのでしょう。

近隣住民の方も気が気でないですよね。

もし近隣に廃棄していたら、とんでもないことです。

関連記事
廃棄物の事例では、水俣病が有名です。

スポンサーリンク



横谷勝己容疑者の素性

氏名:横谷勝己(よこたに かつみ)
年齢:59歳
職業:機械製造業
住所:大阪府大阪市鶴見区鶴見1丁目6-12

劇物製造工場の特定

横谷製作所

気になる動機

1961年創業で半世紀の歴史があります。
横谷容疑者の59歳という年齢から、先代を継いで経営していたと思われます。

従業員は6名。

金型・プレス製品・精密機械部分品の製造が業種ですが、下請けか孫請けの中小企業でしょう。

このような企業は、未だ景気回復にはほど遠い現状にあると聞きます。

横谷容疑者は自分の会社の経営のために、

製造してはならないものを作ることで、収入を得ようとしたのではないでしょうか。

このことについては、取り調べで明らかになるのでわかり次第追記していきたいと思います。

まとめ

横谷容疑者は、すでに覚醒剤所持でも摘発され、その自宅などから230本もの注射器も押収されています。

横谷容疑者が覚醒剤を製造・密売していた疑いも浮上しています。

だとしたら、どこから液体を手に入れたのでしょう。

このような液体が簡単に手に入らないのは、だれでもわかります。

密輸が考えられますが、この事件が氷山の一角であることには違いありません。

同じ大阪で起きた、警官の発砲事件も相手が薬物を使用していた疑いが持たれています。

関連記事
井手尾浄太 顔画像 この男凶暴につき ミイラ取りがミイラになった威嚇の延長

また、薬物を勝手に取引した医師も逮捕されています。

関連記事
山口龍郎 精神科医画像 向精神薬の不正譲渡で逮捕 とくダネ! 性的ドクハラ医師の実態

根本原因を断ち切らない限り、このような事件は無くなりません。

一つの事件から多くの悲しみが連鎖が起きてしまう。

皆が安心して笑顔で生活ができる日常。

その笑顔を奪うことは、何人たりとも許されません。


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク