米満一彦 経歴は工藤会組長 カタギになりきれなかった市議の気になる過去


自分が支援した人がカタギの人ではなかった。それがヤクザの組長だった。

それが発覚する事件が起きました。

気になる内容をお届けします。

スポンサーリンク



事件の概要

特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)との関係を示唆して取引先の男性から現金を脅し取ったとして、福岡県警は13日、同県中間市の同市議、米満一彦容疑者(76)ら2人を恐喝容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は2016年、男性が福岡県内に太陽光発電所を建設した際、資材を供給していた米満容疑者が経営する建築資材会社と男性が工事を巡って金銭トラブルになり、男性に「支払いに応じないなら工事を妨害する」と脅迫して現金数百万円を脅し取ったとしている。

 米満容疑者は過去に工藤会の前身団体の傘下組織組員として活動し、一時は組長だったこともあった。

 米満容疑者は組織の活動から離れた後の1995年に初当選。昨年6月の市議選では無所属で立候補し7期連続当選を果たした。

 現在も工藤会との関係が指摘されており、16年10月に同市を拠点とする工藤会傘下組織の事務所用地(140平方メートル)を市に売却した際、市側と傘下組織の売買交渉の仲介をしていた。

引用元:毎日新聞

この事件は深いですよ。

元組長が政治家になり、一般市民を脅しお金を搾取する。

なぜ政治家になったのでしょうか。

やってることはヤクザなことだから、ならなくてもいいと思うのは筆者だけでしょうか。

驚きなのは、

1995年に初当選。昨年6月の市議選では無所属で立候補し7期連続当選

初当選してから、当選し続けているのはすごいです。

組織票があるのは間違い無いです。

その組織が工藤会だとしたら、そこに付随するところからたくさんの票が集まったことでしょう。

これは相当、お金の問題・賄賂に気を使ったでしょうね。

元組長の憂鬱

元組長だからか、被害者として事件に巻き込まれたこともあります。

1日午前、福岡県中間市の市役所で、市議会議員が突然拳銃のようなもので頭を殴られるという事件が起きた。
男は駆けつけた警察官にその場で取り押さえられた。

 1日午前10時半頃、福岡県中間市の中間市役所の地下駐車場で「大声で叫んでいる人がいる」と目撃者から警察に通報があった。
警察が駆けつけたところ、中間市の米満一彦市議(74)が男に拳銃のようなもので頭を殴られケガをしていて、
警察はその場にいた男を殺人未遂の現行犯で逮捕した。米満市議は顔を打撲するなど軽傷。
男を取り押さえようとした中間市の男性職員2人も手に軽いケガをした。

 殺人未遂容疑で逮捕されたのは、自称・中間市中尾の無職・岡本征男容疑者(75)で、
警察の調べに対し「弁解はしません」などと話しているという。

 中間市議会の事務局によると、米満市議は当選6回で、1日に開かれていた本会議中に途中退席した直後に襲われたという。
岡本容疑者が所持していた拳銃のようなものは押収され、警察は本物かどうか調べるとともに、2人の間でトラブルがなかったか調べている。

引用元:Yahoo!ニュース

頭を殴った凶器が拳銃のようなもの。。。

一般市民じゃないでしょう、これは。

ドラマや映画の世界だと思っていましたが、実際にあるんですね。

そんな気になる米満一彦容疑者はどのような人間なのか。

スポンサーリンク



米満一彦容疑者の素性

氏名:米満一彦
年齢:76歳
職業:中間市市議会議員
住所:福岡県中間市通谷2丁目3−6

米満容疑者の自宅

立派な門構えです。

近隣と比べてかなり大きな家であることがわかります。

顔写真はこちら

あかん髪型です。

現役でも通用する雰囲気を出してます。

脅迫されたくないです。

なぜ工藤会をやめたのか

純粋にカタギとしてやっていくために市議となって市民のためということであれば、とても美しい話です。

しかし工藤会との様々な関わりがある以上、そうではないようです。

今回の事件のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の事件は、元組長が市議となり恐喝をするという、

羊の皮をかぶった狼が牙を剥く

そう言ってもいいかと思います。

当選し続けているのは、米満容疑者を通してかなり大きな恩恵を受けていた輩がいるということでしょうね。

自分のことしか考えていない。

現代社会の縮図がこの事件にあるというのは、言い過ぎでしょうか。

何を信じて有権者は票を投じるべきなのか。

来年は4年に一度の統一地方選があります。

その時は皆忘れているのでしょうね。

事件があったことを。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追記:共謀者逮捕

米満一彦容疑者と一緒の逮捕者が判明したので、追記します。

共謀者の素性

氏名:中野次夫
年齢:70歳
職業:会社経営
会社:ナカノ建商

愛知県の建設会社で、ナカノ建商は発電所の建設工事に下請けとして関わっていました。

米満容疑者が社長を務める建築資材会社「九興」=北九州市小倉北区=が、生コンを供給していたところ、
ナカノ建商が生コン代金を支払えなくなったため、2人で共謀して発注元から脅し取ったことが調べとして上がっています。

共謀とありますが、もしかすると米満容疑者が首謀したとも思われます。

今回の事件を受けて中間市の福田市長は、

「寝耳に水のことで、聞いて驚いた。中間市のイメージダウンにならないように、真相を究明していただきたい」

とコメントしていますが、

中間市のイメージダウンにならないよう

ここに違和感を覚えるのは筆者だけでしょうか。

中間市のイメージが悪くなるのは、もちろん避けたいですよ。

それ以上に癒着やグレーな取引が根絶することも、大切なのではないでしょうか。

スポンサーリンク